マルチユース

不動産システム開発なら株式会社プライムクロス -野村不動産グループ-

不動産集客における「お客様の声」

2024.05.13

カテゴリ: 新機能

不動産ホームページにあるコンテンツ「お客様の声」。多くの会社が自社ホームページに掲載しているこのコンテンツはどのような効果があるでしょうか?
まずは、不動産のホームページによくあるキャッチコピーを見てみましょう。

初めての不動産購入・売却大歓迎!
不動産購入・売却に関する不安を解消致します。
不動産の専門家があなたのマイホーム探しを徹底サポート。

いずれもお客様が抱えている課題や不安などに訴えかける言葉ではありますが、ユーザーは「口コミ」など、客観的な情報を見てその会社を判断しています。

口コミいろいろ


1.Google ビジネスプロフィール


googleで検索すると地図の横に表示されたり、検索結果の右側に出てくるもので、写真や地図、住所や営業時間、クチコミなどが記載されてる情報です。
こちらはGoogleが提供している無料のビジネスリスティングサービスで、googleがWEB上の情報を集めたり、一般ユーザーからの情報提供によりすでにビジネスプロフィールが作られている場合と、新規でビジネスプロフィール登録をすることで表示できるようにする2パターンがあります。会社(店舗)に対するクチコミは、ユーザーが自由に書き込みできるようになっています。

2.ポータルサイト 接客評価、口コミ


ポータルサイトに掲載されている情報で、ユーザーが不動産会社で接客を受けた後にその接客内容について投稿した情報です。
不動産会社の店舗ごとに会社情報に紐づいて接客評価・口コミ情報が登録されており、ポータルサイト内の物件情報にある店舗情報から見ることができます。

3.自社ホームページ お客様の声


各社のホームページにあるコンテンツの一つ。ホームページ上の場所や記載内容は各社ごと異なり、その不動産会社で住宅を購入した方の声を掲載しています。よくある形態としては、ご購入者アンケートという形で各社定型のアンケートフォーマットを用意し、契約手続きなどで来店してもらった際に記載してもらいます。また、担当営業と購入者で記念写真を撮影し、アンケートと一緒に掲載しているケースが多くみられます。

お客様が不動産会社に求めること=不動産会社を選ぶポイント


物件を契約した人に聞いた「不動産会社に求めることアンケート」トップ5
1.正確な物件情報の提供
2.親切・丁寧な対応
3.物件に対する詳細な説明
4.問合せに対する迅速な対応
5.購入後・入居後のアフターフォロー
(不動産情報サイト事業者連絡協議会アンケート調査)

住宅購入時にやり取りしないとわからないことが上位になっていますが、やり取りしなくても「口コミ」を見ればある程度把握することができます。家探しはポータルサイトでの物件探しに始まり、どの不動産会社にお願いするかを決める時はその会社の評判探しに移っていきます。上記アンケート内容に関する「口コミ」をユーザーに届けるのであれば、質問項目を自由に設定できる「お客様の声」の活用が最適といえます。

マルチユース「お客様の声」


マルチユースの「お客様の声」はアンケートフォームに登録していただいた内容を自動的にマルチユースに登録してHPに掲載してくれる機能となっております。
まずお客様に答えてもらう質問を店舗ごとに自由に設定し、アンケートフォームに遷移するQRコードをお客様にお渡しします。お客様のスマホを使ってアンケートフォームに登録していただくだけで自動的にマルチユースに登録された内容が取り込まれます。

1.店舗ごとに自由に質問設定ができます。(1店舗内同一アンケート)
2.お客様のスマートフォンでアンケート入力ができます。(フォームのQRコード出力可能)
3.アンケートフォームの入力データはマルチユースに蓄積されます。
4.マルチユースと自社HP連動で、自社専用デザイン、自由な場所でホームページに載せることができます。

マルチユースで解決できること


売買仲介向け

WEB集客に必要な「物件情報の登録」「ポータルサイトへの入稿」「自社ホームページCMS」を一元管理できるシステムです。導入後に出た課題については、システムで解決できるよう一緒に取り組んでいきます。

分譲向け

新築分譲マンションの専用CMSで、物件概要、タイプ、住戸の登録・更新ができます。また物件概要専用ヘッドレスCMSもご用意。更新頻度が高い箇所だけまとめて管理ができます。また、新規プロジェクトの追加も物件概要はAPIで制作会社完結です。

WEB制作向け

ポータルサイトでの広告掲載に対応した入力項目、売買物件のポータル入稿機能、分譲物件の物件概要専用ヘッドレスCMSなどをご用意しております。不動産専用のバックエンドシステムとしてご活用下さい。

マルチユースの相談をする
記事一覧へ戻る